仮想通貨【ダッシュ(DASH)】について

dash.png

「安全性」、「匿名性の高さ」、「即時取引(承認)」、に特化した仮想通貨が「ダッシュ」です。

「第二のビットコイン」として注目を浴びているのが「ライトコイン」と、「ダッシュ(DASH)」になります。

通貨単位はそのまま「DASH」です。

以前はダークコイン(darkcoin)という名前の仮想通貨だったのですが、2015年に「ダッシュ(DASH)」と名前が変わりました。ダークコインだとなんだかあやしそうですもんねw

2017年9月の時点で時価総額は約2800億円で「第7位」のアルトコインです。

↓↓ダッシュ(DASH)の概要を説明した動画がこちらになります。↓↓



ではビットコインとどう違うかというと、「ビットコインよりも匿名性に長けたコイン」ということになります。

送信者と受信者の間にクッションを挟んで、そのクッションに他の送信者のコインも一度混ぜて分からなくしてから受信者へコインが送金されるようになっているので、履歴を外部から確認することができなくなっています。

これを「coinjoin方式」と言って、ビットコインは「1対1」の形ですが、ダッシュは「複数対複数」のような形にしています。

あとはビットコインよりも取引スピードが早いです。

ビットコインは、取引を完了するのにマイナーのブロック生成による待ち時間が「最短でも10分」はかかってしまうのですが、ダッシュはなんと1秒くらいで完了してしまいます。

こんな感じで最近注目を集めているダッシュですが、価格が上がり始めたのは2017年の2月くらいからです。

それまで「1DASH=1000円」くらいだったのが、9月には約37000円になっちゃってますw

dash2.png

で、今後ダッシュはどうなっていくのかというと、正直わからないですね。結局は需要があるかないか、ということになってきます。

しかし、まだまだ延び幅のあることは確かですので、試しに購入してみて様子を見てみるのも面白いかと思います。

この記事へのコメント