仮想通貨の種類、アルトコインってなに?

仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)だけではなく、アルトコイン(オルトコイン・Altcoin)というものもあります。

ビットコインは最近ではテレビのCMでも目にしますので名前だけは知ってる人も多いでしょう。

対してアルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。

ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネムなど1000種類以上もある仮想通貨の総称です。

今回はこれらの仮想通貨の違いを大まかにですがご紹介します。



freee151108579533_TP_V.jpg
【ビットコイン】
言わずと知れたビットコインですが、基本的に通貨としての機能があります。

「支払いの機能」
「通貨の送金・受信の機能」が主な機能です。

ビットコインは世界中どこであろうと送金手数料は一緒で、すぐに送金することができます。

普通は銀行から送金しますが、ブロックチェーンの技術は管理者がいないため、直接個人同士で取引ができるのが最大の特徴ですね。 

格安の手数料とスピードの速い送金で「次世代の通貨」と言われています。



all-300x221.png
【アルトコイン】
アルトコインもビットコインを基本に作られてますので、基本的な機能は同じです。

ですがビットコインの欠点をおぎなうような形で作られてものが多く、それぞれ特徴が違ってきます。

例えば「イーサリアム」ですと、ビットコインは取引記録をブロックチェーン上で管理していますが、イーサリアムは契約内容も管理できます。

ビットコインに次ぐ人気ですね。

「ライトコイン」は、取引認証時間がビットコインが約10分のところ、2.5分で完了します。

このようにアルトコインはたくさんありますが、それぞれ特徴があります。

その特徴を理解しつつ、ビットコイン以外のアルトコインにも分散して投資していくのが仮想通貨投資の基本となります。

この記事へのコメント