仮想通貨を採掘? マイニングについて

今回は「マイニング」についてです。

別に知らなくても仮想通貨で投資とかはできるのですが、知っておいても損はないのでなんとなくでも覚えておきましょう。

bitcoinIMGL3745_TP_V.jpg
「ブロックチェーン」と並んで仮想通貨のしくみに「マイニング」と言うものがあります。

すごく簡単に説明すると「仮想通貨の取引を記録するお手伝いをすること」です。

どうゆうことかというと、仮想通貨の取引はブロックチェーン上に記録されることになりますが、この記録を検証・確認する作業がマイニングになります

そしてマイニングをすると報酬がもらえちゃいます。

例えば、ビットコインは発行される総量が2100万枚と決められていますが、まだまだ出回っていないビットコインはたくさんあります。

この出回っていないビットコインを、取引の記録をお手伝いをすることで、報酬として手に入れることができます。

まだ出回っていない希少な仮想通貨を手に入れる様子が、「鉱山で金を掘り当てる行為」に似ているという理由で「マイニング(採掘)」と呼ばれていて、マイニングをする人のことを「マイナー」と呼びます。

じゃあ、マイニングすれば仮想通貨がもらえまくりじゃん♪と思っちゃうのですが、そんなに簡単じゃないんですねw

まず、マイニングに参加している人、全員に報酬がもらえるわけではないです。取引の記録を、一番に検証・確認した人にしかもらえません。

世界中にマイニングをしている人がたくさんいて、その中で一番になるには、かなりの高スペックのコンピューターが必要なのであまり現実的ではないですね。

ボクは実際にマイニングに参加したことはないので詳しくはないのですが、グループを作ってマイニングをし、その作業量に応じて報酬がもらえるという方法もあるみたいです。

こんなふうに世界中でマイニングをしてくれる人がいるからこそ取引の情報が正確に記録され、仮想通貨の信頼と安心に繋がっているのです。

この記事へのコメント