ブロックチェーンについて

前回の記事で登場した「ブロックチェーン」。今回はそのブロックチェーンついてわかりやすく説明します。
blockchain-shutterstock.jpg

ブロックチェーンを一言で言うと、「取引台帳」。

何のことかと言うと、仮想通貨が生まれて現在までの全部の取引を記録している台帳と言うことになります。

ビットコインだと、2009年1月3日に誕生してからの全ての取引を記録しています。

じゃあなんでブロックチェーンと言われているかというと、ブロックは一定期間の取引の塊、台帳の束ですね。

チェーンはそのブロックを一つ一つ繋いでいる鎖になります。

ブロック(台帳の束)をチェーン(鎖)で繋いでいる、ブロックチェーンです。

ブロックチェーンがどのように仮想通貨に使われているかと言うと、 ビットコインなどの通貨をどの誰から誰に送った、ということが記録されている履歴(データベース) になります。

そして、そのデータは一つの場所に保存されているのではなくて、仮想通貨のネットワークに参加している世界中のコンピュータに分散されて保存されていて、さらにはそのデータを全ての人が見ることができます。
blockchain01-9839.png

これがどうゆうことかというと、一部のコンピューターが不正に改ざんされたとしても、他のたくさんのコンピューターに正しいデータが分散されて保存されているので、多数決で改ざんされていることが分かってしまうということになり、不正に改ざんができないということになります。

世界中のコンピューターを一斉に改ざんできれば不正を行うことができるかもしれませんが、現実的にムリですねw

これがブロックチェーンの仕組みであり(かなり大雑把な説明ですが)、仮想通貨が信頼されている理由の一つになります。

詳しく説明しようとすると難しい言葉がたくさん出てきたりでワケが分からなくなってしまうかもしれないので、大体こんな感じで覚えておけばいいと思います。

もっと詳しく知りたい方は、ものすごく細かく説明されているサイトさんが山のようにありますので、そちらをご覧下さいw

この記事へのコメント